スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第五章その11母と娘の関係

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫

Latoya Jackson


その11

“母は何をしようとしているのかしら。母はマイケルのことはよく知っているのに、どうしてあんなことが言えるのだろう」


あたしはレコードの話はためらっていたが、それはジョーゼフが押しつけたものだったからだけではなく、あたしの信仰のせいもあった。


24歳になるまで、あたしはフランク・シナトラしか聞かなかった。ピーター・フランプトンのレコードみたいに無邪気な振りをしながら、一方で罪を犯しているのではないかと心配していた。


そしてKC&サンシャインバンドの〈シェイク・ユア・ブーティ〉のような明らかに性的な歌がラジオから流れてくると、あたしは“エホバの証人”としてすぐスイッチを切る義務があった。


だから、最初のシングルに〈イフ・ユー・フィール・ザ・ファンク(憂鬱な気分になったら)〉をもらったとき、あたしがどんなにうろたえたか想像がつかれると思う。


その歌には“憂鬱になったらお尻をふって”という歌詞が入っていた。あたしは父に、この歌は歌わない、吹き込みはできないと頑固に言い張った。


「いい歌だよ」と父は説得した。ダンス曲のトップヒットになったぐらいだから、確かにその通りだった。


「歌ったって、何もまずいことはないさ」
「あるわよ!」とあたしは抗議した。「あんな歌詞を口にするのは不愉快なの、我慢できないのよ」


父はあたしを説き伏せた。母まで応援した。率直に言って、その母には驚いた。“エホバの証人”の仲間として、母にはあたしの不安な気持ちがわかっていたはずだった。


けれど、母は「レコーディングに行ってきなさい」と、あたしを追いたてた。もし母がその歌をいい歌だと思っているんだったら、あたしが思っているほど悪い歌じゃないんだと理由をつけ、あたしはその歌をレコードにした。


その日から、あたしのソロ歌手としての仕事に対する母の態度には困ってしまった。いつも筋道の通らないことばかり言い、あたしがじっとして何もしないのがいちばんいい、というような目をしていた。

0423latoya5.jpg



仕事を片っぱしから断るように仕向けられたとき、母がいちばん関心をもっているのはあたしのことだけなのだな、と思った。


母はジョーゼフのマネージャーぶりをいつも批判していたから、母はあたしの味方だと信じていた。


でも母はそんなふうに仕事を断らせながら、一方で父やマイケルには、あたしが仕事を断るのは頑固で言うことを聞かないからだとか、家を離れたがらないからだとか言っていたことは知らなかった。なぜそんな嘘をついたのかしら。


あたしは母を心から愛していたので、そんな過ちは見ないふりをし、いつも母のすることは正しいようにうまく仕向けていった。


マイケルが家にいないときは、あたしは一日中母と一緒に過ごした。朝、母は自分の部屋から電話をかけ、「起きた?今日は何がしたいの?」と言ってきた。


いつも2人で昼食に出かけ、少し買い物をし、聖書を読み、読書をし、午後のトークショーを見て現代の家庭問題について話し合ったりしていた。


あたしたちはまるで“双子のビバリー・ヒルズ夫人”みたいだった。あたしが年をとるにつれて、2人はますます似てきた。


あたしは母なしではどこに行くことも考えられず、もし母を一人ぼっちにさせたら罪を感じることも確かだった。


母いつも愛情深く話しかけてきた。「お前はあたしの親友だよ」そしてはっきりと声に出して、「もしお前が離れていったりしたら、どうすればいいのかしら?」としみじみ言うのだった。

---------------
母娘って友だちのようでもありますね。それが負担でなければ娘は円満に嫁いでいきますね。しかし、そうでない場合、多くはラトーヤのように居心地よく母と仲良し過ぎちゃう、なんて場合もありますよね。
-------------

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第五章その12へ続く
 
マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。