スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第五章その5ランディと10歳上の彼女

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫


マイケルからの伝言


その5

とうとうポーラは、やってはいけないことをやった。ジャッキーの家の正面玄関に姿を現したのである。


イーニドがドアを開けたとき、ポーラは彼女の暖かい挨拶を受けて驚いたが、中に招き入れられて、もっとびっくりした。


ポーラがあとで話してくれたことだが、中に入ってドアがいきないバタンとなった瞬間、ポーラは自分がとんでもない間違いを犯したことに気がついた。


イーニドはポーラを乱暴に椅子に押し付け、ロープを振り回してそのまましばりつけてしまったのだ。


「イーニドったら金切り声をあげて、“わたし、こうしなきゃならないの”とか“ああしなきゃならないの”とか叫ぶの。でもわたしは、ジャッキーが結婚してたなんて知らなかった、というふりをして、なんとか逃げ出そうとしたの」と、ポーラはその時のことを思い出しながら話していた。


結婚しているとは知らなかったというポーラの話を、イーニドが真に受けてくれたことは、ポーラにとってまことに幸運だった。


ジャッキーの子どもたちも、何が起こっているのかはっきり知っていた。夕食のとき、あたしが可愛がっている姪が聞いてきた。


「ポーラを知ってる?」
「ポーラってだーれ?」と、あたしは何も知らないふりをして答えた。

「ポーラのこと、知ってるくせに!」
「ううん、知らないわ。ポーラって誰?」と言ったあと、あたしはショックを受けた。


「ポーラはステキだよ」と、小さい甥が言ったのだ。
「ステキなんかじゃない、わかってるでしょ?あの人はマミィからダディを取り上げようとしてるのよ!」姪は鋭く言った。


両親の苦しみに罪のない子どもたちが巻き込まれていく姿を見るのは、本当に悲しいことだった。


あたしたちの周りの結婚は、ほとんどが騒動みたいなものだった。両親の例一つとってみても、“だから結婚なんか絶対しない、そんな、苦労の種など誰がいるものか”という結論が、マイケルとあたしにはすぐ出せるのだった。


前に書いたように、問題の1つは、兄弟たちがあまりにも若く結婚したことだった。結婚生活がうまくいかなかったのは、兄弟が結婚前に家族から離れて暮らしたことが、全くなかったことだと思う。(ジャッキーだけは、イーニドと結婚する前、ほんの短い間ひとりで暮らしたことがあったが)

randy1.jpg



18歳のランディはジャクソン家の中でも非常に強い意思を持つ1人だが、10歳年上の女性と暮らしたいと宣言したときは、両親はすごくショックを受けた。


「そんなことはうちのルールに反することだよ」と、母がびっくりして言った。「わかってるでしょ、お前たちは結婚するまでこの家にいなくてはだめなんだよ」


「だったら、ぼくはそのルールを破る最初の人間になりたいな」とランディは冷静に答えた。ガールフレンドのジュリー・ハリスは、ツアーでジャクソンズのバックコーラスに加わっていた美人歌手だった。

randy-jackson-and-michael.jpg

「ランディ、お前はまだ学校でしょ。その女はオールド・レディだよ。なぜお前がそんな女と暮らすために出て行かなくちゃならないの?」母は意地悪い口調で言い聞かせた。


「なぜって、彼女を愛しているからさ。それに、ぼく独立したいんだよ」


翌日、母とジョーゼフとランディが話しこんでいるとき、マイケルとあたしは3人の声を立ち聞きしてしまった。


とうとう母が折れて、言った。「ジョーゼフ、この子をいかせて。しばりつけておかないで、行きたければそのとおりにさせましょう。この子なりのやり方で進んでいこうとしているんですから」


あたしたちは母がそんなふうに譲歩したのに驚いた。ランディとジュリーは、エンシノにある素晴らしいマンションに移っていった。


この弟が去って間もなく、マイケルとジャネットとあたし(ラトーヤ)は、ある夜遅くまであたしの部屋に集まっていた。話をしたり、ゲームをしたりして起きていて、そのうちにそこで眠ってしまうということが時々あった。


電話が鳴ったけれど、あたしは出なかった。我が家の電話番号を、なんとか知ったファンに違いない、と思ったからだ。


また鳴り始めたとき、マイケルが心配そうにこちらを見て「ラトーヤ、出た方がいいと思うけど」と言った。あたしは受話器を取り上げていった。


「もしもし-------」
聞きなれない声がした。

----------------
「ポーラってだーれ?」ってしらばっくれても子どもってわりとお見通しなんですよね~。

ジャクソン5のメンバーは女性の対処法を持ち合わせてなかったようですねえ。

“結婚“に夢を見いだせなかったラトーヤとマイケル…両親だけでなく兄弟たちの姿も幻滅する原因だったんですね。


聞きなれない声の電話は一体何だろう…?

-------------


インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第五章その6へ続く
 
マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。