スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第三章その3ショービズの怖さを知る




インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫


第三章 その3


ジョーゼフを恐れれば恐れるほど、家を出ていくという子どもの頃には誰でも描く夢など、あたしたちには文字通り想像もつかないことだった。


あたしたちはみな無力感に捉われ、“むこう”の世界は身震いするほど恐ろしく思えたのだ。


家を出ることを許される唯一の方法は、リービーのように結婚することだった。


1971年、17歳のティト―は、高校卒業を待って初恋の相手でただ一人のガールフレンド、ディーディーと結婚する予定だと発表し、家族に衝撃を与えた。


ジャーメイン、マーロン、ジャネットも10代のうちに初めての恋人と結婚しようとした。


オズモンド家のような大人数で厳格な家庭では、早婚の傾向があることにあたしは気がついた。(※2010年3月に自殺した養子のマイケルはマリー・オズモンドの息子。オズモンド家は、厳格なモルモン教信者として知られている)


モータウン・レコード社は、ティト―の結婚が目前に迫ったと知らされても喜びはしなかった。


ジャクソン5の〈帰ってほしいの〉(アイ・ウォント・ユー・バック)が会社初めての数百万枚も売り上げをもたらして以来、経営陣はジョーゼフに対し、息子たちに嫁をとらすなと警告していた。


結婚すればティーンエイジャーでの人気が落ち、会社の決算も大幅に減少すると信じたのだった。


「もしグループの誰かが結婚すれば、ファンはさっさと彼らを持捨てるだろう。また、一人が結婚すればみんなが結婚したくなるだろう」


「そうなると妻になった連中があれこれ口出しするようになり、あっという間にグループは消滅してしまう。過去にもこういうことは見てきたんだ」と彼らは予言した。


兄弟の一人(名前は言いたくない)が結婚する直前のことだが、レコード業界をはじめイチかバチかの業界であればおそらくどこにでも存在するだろうと思われる弊害に、あたしは初めて遭遇した。


賄賂や麻薬その他のスキャンダルについてはきっと耳にされているだろうが、そんなものは実際に存在する弊害の半分にも満たないのだ。

The+Jacksons-Family.jpg


ジョーゼフはある日、心の動揺をはっきり見せながら帰ってきた。父がそんなに気落ちした様子を見せるのは、めったにないことだった。


家族を集め、その父が信じられないような話をしはじめた。ミュージック産業界の有名な実力者が父に近寄り、“ジャクソン5の一人が結婚すればグループの崩壊に繋がるのではと”心痛している“、と話しかけたというのだ。


その大物は「崩壊させてはいけない、わたしたちはそうさせてはいけないんだ」と言い、さらに「わたしはこれを止めさせることができる、よろしいかな?」と不気味な言葉を付け加えたそうだ。


「止められるって、どういうことでしょうか。どうやって止めるとおっしゃるのでしょうか。息子がその娘を愛しているのなら、二人は結婚するでしょう。それは二人の問題で、あなた方には関係ないと思いますが」


「君は結婚はやめさせたいのだね」
「そうですね」ジョーゼフは押し切られそうになった。


「あいつがそんなに熱を上げてなければ…、でも…」


「でも、やめさせたいんだね。そうしないと…」
「娘が姿を消すことだって…あり得るね」


父は信じられないという表情になり、「どうやって姿を消すなんてできるんです?」と尋ねた。


「崖から落ちるか、車ごと墜落すればできるよ」と男は冷たく答え、「誰にもわかりはしない。発見されたとしても、ハンドル操作を誤って道路を外れた、と誰だって思うさ。やろうと思えば、マルホランド街道ですぐにでも起こせる事故だ、簡単なものだよ」と続けた。


さすがのジョーゼフも青くなってしまった。「だめです!そんなことしてはいけません、考えるのも止めてください!」


すると、もう一人の男が両手をすくめるような格好をしながら言った。「いいでしょう、ま、助けてあげることですな」


金のために実際に誰かを殺す人間なんているのだろうか?芸能界では、残念ながらその答えは「イエス」である。
-----------------
恐ろしい世界があるのをちゃんと知っていたジャクソン・ファミリーだった。彼らの行く手にはこれから先、何が待っているのだろう…
-------------

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー第三章その4へ続く
 
マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ
その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。