スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー著者ラトーヤ・ジャクソンまえがき1

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン訳高橋伯夫


まえがき

あたしが本を書くと世に知れてほぼ3年、あたしの家族からすればどうしても皆さんに読んでほしくない本が、やっと出来上がりました。


この自伝を書き始めたころは、いま皆さんが手にしておられるこの本が、こんな内容のものになろうとは思ってもみませんでした。


ところが、いざ書き始めてみると、これまで知らなかった家族の本当の姿がわかり、その真実を知るにつれて、さまざまな出来事を書かずにはおれなくなってきたのです。


男の子6人と女の子2人、それにあたしを加えた9人が、世間の荒波から守られながら育ったことなど書いたところで、ジャクソン一家の真の姿は描かれないのです。


人びとは、あたしたち一家の名声や財産だけに目がいって、あたしたちが多かれ少なかれ、世間の人々とは違ったよい生活を送っている、と思っています。


でも実際は違います。まだ幼いころも、有名になって生活が変わってからも、あたしたちきょうだいは、尋常一様な生活は送っていないのです。


あたしたちはどこにでもある家族と違って、典型的な欠陥家族でした。確かに愛情や幸福感も味わいましたが、感情に走った肉体上の虐待、気まぐれ、家族を家族と思わない行為などが、そんな思いを押しつぶしていました。


20代の終わり、あたしがついに家を離れたときには、よく言われるように、“篭の鳥”が解放されたような気分でした。家族の集合写真の中から一人抜け出したようにして、家族の姿を初めてはっきり見ることができたのです。


家族全員がわが家の実態を知っているけれど、その事実を自ら進んで認めようとしているのは、どうやらあたし一人だけだとわかりました。


これまでずっと、あたしたち兄弟姉妹のうちの誰一人として、わが家でどんなことが起こっていたか、改めて問題にしようとする者はいませんでした。


どうしてそんなことができたでしょう。わが家でどんなことが起こっていたか、改めて問題にしようとする者はいませんでした。


愛や信頼、人間関係、善悪の区別などについての子供の考え方は、親の言動によって形成されていくものです。

母は、あたしが“ものみの塔”の信仰に入るのを禁じたほどですから、その愛と献身は表面だけのものだったでしょうし、父は怒りのほか感情表現の出来ない人で、愛を装った罪深い行動や、“しつけ”と称する暴力、忠誠という名の盲目的な服従を強いることなどで、あたしたち子どもをがんじがらめにしてしまったのです。


心理学的に言っても、子どものあたしたちは無力です。両親の力があまりにも強大だったので、一人の子が情容赦なくぶたれたり、手ひどいはずかしめを受けたりしているのを、他の8人の子は、敷いて反抗する気持ちもなく、黙って大人しく見守っているよりなかったのです。


はっきりと感じていたわけではないのですが、わが家にはどこか間違っているところがありました。きょうだいのほとんどは、どうしても“謀反”を起こしたくて、さっさと10代結婚し、家を出て行きました。これには両親も賛成でした。というのも、子供たちが家を出て行くのは、今の家庭生活が嫌だからではなく、愛のためだと、自分に思い込ませたかったからでした。


父と母は、一人の例外を除き、子どもたちはみないつかは家を離れていくものと思い定めていました。例外だった一人、それがあたしでした。


あたしは母の一番の友だちでしたし、子どもたちの中でいちばん物静かで、はずかしがり屋で、最も従順な子でした。


そのあたしが家を出たのですから、誰もがびっくりしました。あたしは欠陥家族の基本ルールを破ったのです。つまり、虚偽の生活、破壊ゲームを楽しませる生活に、別れを告げたのでした。


家族の反応は早く、しかもさまざまでした。
まえがき2へ続く…

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。