スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルは偽善者ラトーヤ自伝第九章よりその6

0721micheal.jpg


インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫

(前頁より)

ビクトリー・ツアーでは膨大な裏方業務があったにもかかわらず、マイケルは各地にある王国会館を見つける専任者を雇ったのである。集会の1つでも出席し損なわないようにするためであった。

第九章その6

このツアーで立ち寄ったある場所で、マイケルと母は集会に遅れて出席した。彼らはホールの後ろにそっと席を見つけてすわった。


演壇で、エホバの証人の1人がこう説教していた。「…今日、ここにお集まりのみなさんの誰もが、マイケル・ジャクソンのような偽善者であってほしくないと思っています。マイケルは、エホバの証人だと信仰を告白しながら、世界中の人々にためにステージで仕事をしています」


マイケルが涙ぐんで聞いていると、この証人は当の本人がホールにいることに全く気がつかずに話を進めた。「…彼を称賛しないでください!彼をアイドルにしないでください!」


これは、単に1人の人の意見ではなく、教義に従ったものであった。
この宗教団体の公の出版物である『ものみの塔』は、エホバの証人に対し次のことを奨励している。


「魔女、悪魔または魔人に言及した言葉または視覚的なもの」を含んだレコード・アルバム及びビデオテープを証人が持っている場合は、それらを処分すること、並びに「かような芸能人を宣伝したTシャツまたはジャケット」を着用してはならないことである。


この日、説教した証人はマイケルだけを取り上げて非難したわけではなかったものの、この説教を聞いて、弟は傷つけられたのである。でも、礼拝の後マイケルはこの証人のところに近づいて握手をし、「大変素晴らしい説教でした」とあいさつしている。


マイケルは、その人気、彼の音楽、ビデオそしてステージでのダンスが、この宗教の一部の信者を深く悩ませていることに気づいた。


もう1つの非難は、彼が富の中にどっぷりと浸かっていることであった。この世は束の間の世界であるため、エホバの証人は成功を求めて努力する必要はないと考えていたからである。


あたしの信者仲間の証人が、あたしを物質主義者だと評して、一時、悩んだことを覚えている。なぜなら、あまり高くないポリエステルよりも、あたしが天然繊維の生地を好んだからである。


ポップ・アイドルであるということで、長年の間マイケルを非難してきたエホバの証人が、1984年のある夜を契機に、具体的な措置をとった。


この1984年の秋、マイケルはグラミー賞で記録破りの、8部門での受賞を果たしたのである。翌朝早速、古参の信者の1人がマイケルに最後通牒(つうちょう)を突き付けた。


つまり、マイケルは音楽と宗教のどちらかを選ばなければならなくなった。「あなたがおやりになっているのは間違ったことです」とこの古参の証人は言明した。

---------------
大勢の信者の前で仲間である、ひとりのアーティストをけなす、賞賛しないでくれと演説するってこと、それがつまり偽物の宗教だって証明してるようなものでは?
-------------

ラトーヤ自伝第九章その7へ続く

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。