スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態のぞき穴ラトーヤ自伝第八章よりその12

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫



第八章その12

やっとフィルが現れたとき、彼はその邸宅と同様、時代錯誤のような格好をしていた。黒いキューバン・ヒールのビートル・ブーツとラッパ・ズボンを履き、髪は長く伸ばしたプリンス・バリアント・ヘアーカットであった。


彼は1986年ではなく1966年の時代に生きているようであり、40代半ばではなく、自分をまだティーンエイジャーのように思っているようだった。

phil specter2


この訪問中、フィルはずっとあたしから目を離さなかった。彼は、あたしのレコードのための曲を作っていると自慢した。


「あなたの頭に浮かんだ曲を、是非お聞かせいただきたいものですね」と言って、あたしは黒いコンサート・ブランドピアノに向けてジェスチャーを示した。「それとも何か弾いていただけるかしら」


「いや、だめだ!」とフィルは神経質そうに答えたあと、すぐに落ち着いた。「もう1度お会いしましょう。いろいろとアイディアがありましてね」


「はい、わかりました」とあたしは返事しながら、彼は恥ずかしがり屋なのかもしれないと思った。ダニーと一緒に帰る途中、あたしはいくつかの条件をつけた。


「ダニー、正直言って、フィルは少し変人だと思ったわ」ダニーはまた心配しないようにと言い、あのプロデューサーは確かに風変わりだが、危険な人ではない、と話した。「オーケー、ダニー、あなたがそうおっしゃるなら…」

phil specter-1

翌日、フィルはあたしの家に電話してきた。
「よく聞いてください。ラトーヤ」と真剣な調子で言った。「私はあなたと2人だけで仕事をしたいんだ。レコード会社からは誰にもついてきて欲しくない。あなたとわたし、2人だけでやるのだ。そうすれば、かなり仕事もはかどるしね」



その日、薄暗くなってから、あたしは1人、車で彼の家に向かった。ドアのところでラーチが迎え、居間に案内してくれた。サテンの長椅子に座ったところ、前日に出されたチーズとフルーツが冷蔵庫に入れられず、しなびた状態でそのまま同じテーブルに置かれてあるのに気づいた。



うっ!吐きそうだわ。ラーチが居間から出て行き、ドアを閉めたあと、カチャッと鍵のかかる音がした。それから1時間半の間、ラーチは何度も居間に戻り、「バスルームをお使いになりませんか?」と丁寧に尋ねた。


なんておかしな質問だろう、とあたしは思った。「いいえ、結構です」フィルのバスルームにはのぞき穴があり、そこからフィルは客の様子をうかがっていたことを、あとで知った。


「何か食べ物あるいはお飲み物はいかがでしょうか」
「いいえ、ありがとう」あたしは、だだっ広い部屋の中をぶらぶら歩きながら、家具調度に感嘆したり、何冊か古い本をめくってみたりした。ペーパーバックの1冊は、フィルに関するものであった。


フィルが決まって、訪問者を家に閉じ込め、銃で脅すことなどが書かれているページを、あたしは不安な気持ちで読んでいった。読みながら、誰かがあたしをスパイしているのではないかと感じだ。


でも、いったいどうしてそんなことが……。あたしはたった1人なのだ。ふと、壁にかかっていたポートレートの1つを見上げると、目の位置に穴が開いているのに気づいた。
---------------
え?1人でフィルの家にきてしまって…ラトーヤそれはやばいんじゃないの…
のぞき穴って…なんで来客をのぞくんだろう?

-------------


ラトーヤ自伝第八章その13へ続く


その他の海外芸能人はコチラ←最新情報はコチラ♪

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ


ラトーヤ自伝今なら価格が下がっています!
こちらのページでは、いろんなレビューが読めますよ⇒ラトーヤ・ジャクソンが語るファミリーの真実

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。