スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険区域責任負わずラトーヤ自伝第八章よりその11

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫


MICHAEL

第八章その11

所属する新しいレコード会社の社員ダニー・デービスは、彼がよく知っているフィル・スペクターに会うよう助言してくれた。


もちろん、あたしは1960年代初期におけるフィルの多くのミリオン・セラー・レコード、たとえば、ロネッツ・ライティアス、アイクとティナ・ターナー、クリスタルズなどのヒット・ナンバー、それに彼のユニークなシンフォニー風の〈ウォール・オブ・サンド〉スタイルを知っていた。


またフィルは、ビートルズの〈レット・イット・ビー〉、1970年代のジョージ・ハリソンとジョン・レノンのアルバムなどもプロデュースした。しかし全盛期のあと、フィルはジョンの未亡人のヨーコ・オノ、パック・グループのラモンズ、その他に1つないし2つのグループのレコーディングを手がけただけであった。

phil s

フィルの好みは確かに偏っていないように思われ、また伝説的人物と言われるほどの人だったので、あたしは彼に会うのを楽しみにしていた。


ダニーとあたしが、車でハリウッドヒルズのサンセット大通りのはずれにあるフィルの家に向かう途中、「このプロデューサーを、ちょっと変わっているという人もいますがね、そう……」とダニーは話していた。そして、「しかし、あなたとフィルはきっとうまくいくはずです」彼はあたしを安心させた。確かに車が環状道路へ入って行くまで、あたしは何も不安は感じなかった。


スピード・バンプ(スピードをダウンさせる段)の上を飛び上がりながら、あたしたちはいくつかの警告標識を見た。それは、フェンスに電流が流れており、屋敷内には攻撃用の犬と武装した警備員がいることを警告するものだった。


あたしの目に入った標識の1つには、“危険区域・責任は負いません”と書かれていた。


フィルの邸宅は堂々としたイタリア式の建物で、ホラー映画のセットにもなりそうであった。背の高い、無表情の使用人があたしたちを迎えた。この使用人はごろつきのような男だったので、それにふさわしい名のラーチと呼ぼう。


入口を入って行くと、まるで違う時代に入ったようであった。まだ日が沈む前の夕方早かったのにもかかわらず、家の内部は薄気味悪いほど暗く、ろうそくだけが灯されているように見えた。


室内の装飾は古色蒼然とした、いかにもヨーロッパ風のもので、無数のぎらぎら光るシャンデリア、表面が大理石のテーブル、何だか埃っぽいサテンとベルベットの長椅子、金箔をかぶせた木背の表紙がついた古書、そして高さが6メートル以上もある天井からは、重厚なベルベットのカーテンがかかって、フラシ天(注※ビロードの一種)のじゅうたんまで重々しく届いていた。


まるで何年も人が足を踏み入れたことがないように、あるものすべてがかび臭かった。どこからともなく陰気な音楽が流れ、それにラーチのおどろおどろしい感じが気味悪さをさらに深めていた。


ダニーとあたしは30分ほど居間で待っていた。フィルは、あたしたちに会うために本当に下に降りて来るのだろうか、とあたしは思った。ダニーはラーチが運んで来たチーズとフルーツを、皿からつまんで食べていた。


やっとフィルが現れたとき、彼はその邸宅と同様、時代錯誤のような格好をしていた。黒いキューバン・ヒールのビートル・ブーツとラッパ・ズボンを履き、髪は長く伸ばしたプリンス・バリアント・ヘアーカットであった。
---------------
をを、怖い!ラトーヤ、……このぞっとする屋敷にいったい何があるんだろう?そしてフィルとはどんな人物なんだろうか?彼女の観察力もすごい
-------------

ラトーヤ自伝第八章その12へ続く


その他の海外芸能人はコチラ←最新情報はコチラ♪

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。