スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー・ツアー不吉な予感ラトーヤ自伝第七章よりその9

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫


第七章その9

ジャーメインのほうはそうとはとらず、「マイケルのやつ、ぼくを悪く見せたいんだ」とあたしに本心を打ち明けた。


「そんなことはないわ、それは違うわよ」
「いや違ってない。きみはマイケルを知らないんだ。あいつは危険な男だぞ」ジャーメインは低い太い声で言い張った。


「ジャーメイン、マイケルはあなたやグループ全体のことを考えているだけよ。彼は陰険なことなんかしてないわ。マイケルはただ全員が素晴らしく見えるよう、願っているだけよ」


予想した通り、マイケルが提案した曲はどのショーでもすごい喝采を浴びた。ところがジャーメインは衣装1つにも競争心を燃やし、「ステージに立つと、ぼくの衣装が一番良かったな」と自慢していた。


「このツアーが終わったら、今度はソロ・ツアーだ。もっとたくさんお客さんを集めてやるぞ」


“どんな理由があってジャーメインはこんな風に考えるんだろう”あたしは不思議に思った。最新の彼のレコードを聴いても、彼が自分で思っているほどそう簡単にことが運ぶとは感じられなかった。


でも、それがジャーメインなのだ。確かにマイケルからは謙虚さというものを学ぶ必要があるようだ。


そのマイケルのほうは、新しいアルバムを出そうとする度にあたしにその曲を聞かせては、「どう思う?気に入った?」と心配していた。


これとは対照的に、ジャーメインは「はい、ごほうび」と、さも満足そうに新しいレコードを手渡し、部屋の中を気取って歩き回りながら、「大ヒットになるぞ!まっすぐトップだ!見てろよ!」と得意そうに叫ぶのだった。

wanna be startin somethin


夏に予定されたツアーの開始日が近づくにつれ、報道関係者の間では舞台裏のいざこざや陰謀の話で持ちきりになった。マスコミが自分の家族をいろいろ話題にするのを、何年間も個人的に愚痴を母は、どうにかしなければと決心した。


母は最初の記者会見を自宅の門前で行い、自分の胸中を語るとともに、自分の傍らに立っているドン・キングとジョーゼフが、依然としてツアーを取り仕切っていることを改めて強調した。


実に奇妙な話だが、この時の記者たちの目には、彼女こそが実はツアーの統率者だと映っていたのだった。


ジェット誌とのインタビューで、母は黒人プロモーターを起用することも約束し、ショーに反対していたアル・シャープトン牧師をなだめた。
アル・シャープトン牧師の記事はこちら


シャープトンはニューヨーク出身の、当時あまり知られていない黒人運動家(アジテーター扇動者と呼ぶ人もいる)で、ジャクソンズ・ショーをボイコットすると脅していた。


あとでマイケルは個人で記者会見を行い、批判されていたチケットの販売方針の変更を発表した。


最初チケットは、4人一組に限り30ドルとされていたのだ。ツアーのスタートが迫るにつれ、誰もが明らかに強いストレスを受けていた。


兄弟たちを取り巻く嵐の渦の中で、すべてのことが完全に進むよう全員が猛烈な働きぶりを見せた。


ティトはバンド・リハーサルを行い、マイケル、ジャッキー、マーロンは振り付け、ランディはサウンドの担当、マーロンは照明の監督、また、マイケルはセットデザインと全体的なコンセプト作り、ジャーメイン、ティト、ジャッキーは大量の人集めに奔走した。


同時にアルバム〈ビクトリー〉を梱包したりして、約5カ月間にわたる巡業に備えた。


ツアースタートの前から、いろいろと不吉な前兆があったのだ。まず、エピックレコードがジャーメインの新しく契約したアリスタに対し、ジャーメインとマイケルのデュエット曲〈テル・ミー・アイム・ノット・ドリーミン(トゥー・グッド・トゥ・ビー・トゥルー)〉の発表を禁止した。


ジャーメインはこのシングル盤がヒットチャート1位になると信じていたので、すごく動揺した。


1984年の1年間を通じ、マスコミがビクトリー・ツアーに関して膨大な量の情報を流したことを考えると、ツアーはジャーメインにとってはいい気分転換になった。

---------------
ジャーメインはモータウンを離れジャクソンズ復帰をかけてたし、それはもう必死だったんでしょうか~。このあともジャクソンズの受難は続きます。
-------------

ラトーヤ自伝第七章その10へ続く

その他の海外芸能人はコチラ←最新情報はコチラ♪

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。