スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャクソン家深まる溝ラトーヤ自伝第七章よりその8

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫



第七章その8

その後マイケルは、キングがマイケルの代弁をしたり、代理人になったりしてはならないことを決めた。法的な文書をキングに提示した。キングは非常に悔しがった。

victory tour


マイケルはツアーに参加はしたけれど、芸術的に意見の合わないことは、いくらキングやジョーゼフがやらせようとしても、決してやらなかった。最初、このビクトリー・ツアーにはリビー、ジャネットそれにあたしが加わるはずだった。


あたしたち姉妹3人はそれぞれに、ツアーの前かツアー中、またはツアーが終わってからレコードを出す予定になっていた。


当時、ジャネットとあたしのマネージャーだった父は、このツアーを宣伝の絶好の機会だと考え、オープニングン未3人が1曲か2曲歌えるようにしてくれ、とマイケルに頼んだ。


はじめマイケルはいいと言っていたけれど、そのうちに考えを変えてしまった。「ぼくはこのツアーをオズモンド・ブラザーズまがいのものにしたくないんだ」と説得され、あたしは納得した。

osmond brothers
(Osmond Brothersオズモンド・ブラザーズ)

あたしたちはみんなで仕事をするのは好きだったけれど、ラスベガスでの公演のように9人全員で舞台に上がるショーになってしまうこともよくわかっていた。


ドニー・オズモンドはよくあたしたちを訪ねてくれたが、そのときマイケルはいつもこう注意していた。「健康そのもので、良い子良い子ばかりのオズモンド・ブラザーズというアーティストとして扱われたいと思っても、お客さんは“彼は良い子グループの1人だった”としか覚えていないからね」


1989年にドニ―がヒット曲〈ソールジャー・オブ・ラブ〉でカムバックし、かつてのイメージを克服できた時あたしは喜んだけれど、それまでにずいぶん時間がかかっている。


まさにマイケルの言った通りだ。アーティストは、観客に与えるイメージをいつも真剣に検討しなければならないのだ。


前に書いたようにマイケルが「ノー」と決めたとき、ジョーゼフはマイケルに妥協を求めた。あたしたち3人のレコードを、休憩時間に何曲か、かけるという案だった。


マイケルはこれも断り、他の兄弟たちも同意見だった。あたしはあまり気にしなかったけれど、妹のジャネットの反応は違っていた。


ひと言つけ加えると、この妹にはなかなか恨みを忘れないようなところがあった。5年ほどあとのことだが、ジャネットのアルバムがヒットし、ジャーメインのソロツアーのときその曲を歌ってほしいと彼が頼んだことがあった。


ジャーメインと兄弟たちの1989年のアルバム〈2300ジャクソン・ストリート〉があまりヒットしなかったのを知っていたジャネットは、ジャーメインの厚かましさが信じられなかった。

「ジャーメインにはずっとヒット曲がなかったのに、オープニングにあたしに歌ってほしいんですって!」とジャネットはあたしにこぼした。


「それで、彼になんて言ったの?」
妹は意地悪そうに笑って、「何て言ったと思う?ラトーヤ。ビクトリー・ツアーのこと覚えてるでしょう。“妹たちには1曲も歌わせない”“休憩時間中も妹たちのレコードは流さない”って言ってたの、覚えてるわね。あたしはそう簡単に忘れるほうじゃないの。それでジャーメインに言ってやったわ、絶対に歌いませんって」
この本のコメントを求められた時、ジャネットはこの部分の記述を「うそっぱちよ、そんなの!」と否定していましたね。さて本当はどうなんでしょう~~?)

ビクトリー・ツアーは、兄弟たちの間にも苦々しい思いをさせた。みんな集まってショーの構成を話し合っているとき、ジャーメインがマイケルを非難したことがあった。


victory tour 2

マイケルとしてはジャーメインのソロについて自分の考えを言っただけと思っていたのに、“マイケルは兄の自分を指図しようとした”と言うのである。


マイケルは観客の喜ばせ方が非常に上手く、ジャーメインの歌がもっと喜ばれるようにと心から望んで意見を言ったのだった。


ジャーメインのほうはそうとはとらず、「マイケルのやつ、ぼくを悪く見せたいんだ」とあたしに本心を打ち明けた。

---------------
ジャーメインはジャクソン家の中では特に自意識過剰なタイプなのかな?それにマイケルに嫉妬してる?
-------------

ラトーヤ自伝第七章その9へ続く

その他の海外芸能人はコチラ←最新情報はコチラ♪

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ラトーヤとジャネットってまるで正反対のタイプで、お互いに対して辛口だったんじゃないかな~~。なんとなく真実な気がするんですけど、ジャネットの発言(爆)

ジャネット最高!

ジャネットの発言最高ですね!!これが本当だったらジャネットの大ファンになるんだけどな(笑)
こういう執念深さも過酷な世界を生き抜くには必要なんでしょうね~。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。