スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラトーヤ自伝第六章その13ブルック・シールズの甘ったるい声





インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫



第六章その13

ブルックのことをこっそり“ジラフ・バット”(きりんのお尻)と呼び、彼女に心から我慢ならなかったジャネットは、「あたしに言わせて!」と熱心だった。
(※書籍中では、「きりんのお尻」と訳されているけど、「きりんそっくり」って意味でしょうか)


マイケルは降参した。「いや」とため息をつき、「彼女を連れて行くことにしよう。何しろ」―――――とそこで声をひそめ、―――――-「ぼくにキスしようとしたんだ!」


「ブルックが?!」
「ああ、顔に似合わず積極的だよ」


これがいつものシナリオだった。マイケルのうぶなところに魅かれるのだろうか。ほかの女性はもっと直接的にアプローチした。けれども彼女たちは単なる友だちだった。


彼女たちからたくさん贈り物があり、弟はそれを心からの愛情のしるしと考えた。ある有名な女優は、自分のイニシャルのETを図案化した美しいグレーの絹のシーツ一式をプレゼントした。


あたしたちは、すごく贅沢で美しいと思ったが、こんな贈り物をすると思い違いされるのでは?と心配したものだった。

1984-Guinness-World-Records0406.jpg


マイケル、ブルック、そしてあたしは一緒にアメリカ音楽賞(the American Music Awards)に出かけた。


あたしにとってすごく長い夜であった。まず最初にブルックの隣りに座った。その列の下手(しもて)には、あたしが大好きなフリオ・イグレシアスが座っていた。


あたしはいつも彼のレコードに耳を傾け、彼ってとってもハンサムだわと思い、寝室の暖炉の上には彼の写真のついたカレンダーをかけていた。


式の間ずっとブルックは、「ラトーヤ、フリオがあなたを見つめているわよ」と、耳元で興奮してささやいていた。


「いいえ、見つめてなんかいないわ」とあたしは答えたけれど、ブルックは同じことをその夜は10回以上も言った。


あたしに嫌がらせをするために言っていたみたいだったので、フリオが大好きだということをマイケルがしゃべったのではないか、と思った。もしそうなら、ブルックのもくろみは成功したわけだった。


次に気に入らなかったのは、マイケルの態度だった。うしろから蹴飛ばしてやりたいと思った。数分おきに鏡をさっと出し、自分の姿をじっと見つめ、髪のカールをいじり回し、頭をそらせて全方向からチェックしているのだった。


20回くらいやったあと、あたしは体を乗り出して、「もう一回それを取り出したら、ひったくってシートの下に投げるわよ!」とおどした。


「ステージに上がった時、格好よく見えるようになったよ」と答えた弟は、その間も決して鏡から目を離そうとはしなかった。


「いつ呼び出しがかかるかわからないからね。どう思う?ブルック」
「まぁ、マイケル、ステキよ!」とブルックは甘い声を上げた。


“2人とも信じられない”とあたしは心の中で思った。まわりをちらっと見ると、フリオ・イグレシアスと目が合った。案の定、あたしにウィンクしていた!ああ、なんて晩でしょう。


マイケルは賞を受け、式のあとあたしたちはCBSレコード主催の仲間うちだけのパーティに出席した。部屋をぶらぶらしていると、息を切らした大きな声が聞こえた。

1984-julio-iglesias-with-michael-jackson.jpg
(フリオ・イグレシアス、ラトーヤ、マイケル、とアーノルド坊やかな?)


「おっと大変!ラトーヤ、ぼくだ!ぼくだ!」あたしが戻ろうとする前に体をつかみ、キスをし始めた。


唇に慌てて軽くするキスではなく、本格的なキスなのだ。フリオが腕を伸ばしてあたしを抱き、「どうです、このウエスト!まるで小さなお人形さんだ!」


---------------
フリオ・イグレシアスといえば「黒い瞳のナタリー」彼は『世界の恋人』、いや『世界の女性の恋人』などと言われていましたね。
ラトーヤってもてるんだ~~(^-^)


-------------

ラトーヤ自伝第六章その14へ続く

その他の海外芸能人はコチラ←最新情報はコチラ♪

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

コメントの投稿

非公開コメント

大変でしたね。
回復されてからのブログ再開楽しみにしています(^-^)
でも、あまり無理をなさらずにブログ主さまのペースで続けていって下さいませ。
お身体大切に♥

いつもありがとうございます!
先週土曜日から急に入院してしまいました。
元気に退院ののち、再開します。よろしくお願い致しますm(._.)m
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。