スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独裁者ジョーゼフラトーヤ自伝第一章よりその3

latoya blog1
(マイケルがドイツで表彰された時のラトーヤ画像)

この時の記事はコチラ

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫


第一章  その3



父ジョーゼフは、子どもたちは常に自分のものであり、その子どもたちを支え、守ってやれるのは自分だけである、と感じていたかったに違いない。


父は、日中はインランド・スチール社の製鋼工場でクレーンを動かしていたが、実は本職のミュージシャンになるのが夢だった。ジャズから黒人のリズム・アンド・ブルースまで、好みは大変広かったが、R&Bは、エレクトリック・ブルース発祥の地、シカゴ周辺の生活から自然発生的に生まれた音楽である。


1950年代の初め、ジョーゼフは兄弟でファルコンズ(“ユーア・ソウ・ファイン”で有名なファルコンズではない)というR&Bのバンドを組み、週末毎に近くの大学やナイトクラブで演奏した。


父たちがプロのミュージシャンとして続けていたら、あるいは前途洋々だったかもしれないが、それは誰にもわからない。50年代には、あたしたち子どもが一年に一人ずつ生まれてきていたのだから、父は結局は、バンドをやめなくてはならなかったのである。


しかし、父は音楽を愛することまでは決してやめなかった。今でも素晴らしい歌手だし、20年ほど楽器など手にしたことはないようだが、弾かせれば一流のブルースギタリストである。


あたしたちきょうだいは、時におふざけ半分で、自分たちの才能はどこからきたのだろう、などと言い合ったりすることがある。


歌は母ゆずりだと、これはみんな納得するのだが、踊りの才能となると誰にも説明が付かない。父ゆずりではないことは確かで、母も子どもでも諭すように「あなた、リズムが合ってないわよ」といつも言っていた。


それは事実で、父は音楽に合わせて指を鳴らしたり、手を打ったりするのだが、そのリズムははずれてしまうのである。


あたしが生まれて初めて病院からわが家へ連れて行かれたとき、ジャクソン家はすでに四人の子どもたちがいた。モーリン・レイレット(リービー)、ジグマンド・エッコー(ジャッキー)、トリアノ・アダリル(ティト)、ジャーメイン・ラジュアン(ジャーメイン)である。


変わった名前への母の好みは、ラトーヤ・イバン・ジャクソンというあたしの名が最後だった。(ラトーヤは母の造語で、実にいい名だと母は強調している)


その後生まれた四人は、まあまあ普通の名をつけてもらった。マーロン・ディビッド、マイケル・ジョーゼフ(あたしたちはいつもマイクと呼んでいる)、スティーブン・ランダル(ランディ)、それにジャネット・ダミタ・ジョーである。


十人目の子ブランドンはマーロンと双生児だったが、生まれて間もなく死んでしまった。母は子どもたちを自分の命とも思っていたが、父はどうひいき目にみても母とは違っていた。生まれた子を抱くために、病院にさえ来ようとしなかったのである。


ゲイリー市にあったわが家は、小さくて、家具もない質素な平家だった。寝室は二部屋しかなく、一つを男の子たちが、一つを両親が使った。小部屋(アルコープ)のついた居間にはあたしとリービーが寝たが、その他に浴室、食堂、台所、そして狭いながら庭があった。


簡素で何の特徴もない家だったが、あたしたちは快適に暮らし、貧乏だとも恵まれない生活だとも感じなかった。


モータウン・レコード社は、後年、“ジャクソン・ファミリー伝説”というのを考え出したけれど、それは間違いで、あたしたちが住んでいたところは黒人居住地区のスラム街、ゲットーではなかった。


ゲイリーは北部製鋼産業の都市で、戦後のにわか景気で南部からの沢山の黒人が流れ込んできた。


市当局は、あたしたちが住んでいた地区のように、清潔で快適な住環境がご自慢だった。あたしたちの学校友だちの父兄には、弁護士や教師、それにブルーカラー族の肉体労働者がいたのである。


それなのに、父ジョーゼフは、あたしたちが他人の子どもたちと交わることを許さなかった。両親は、あたしたちの将来は教育と勤勉、そして厳しい躾にかかっていると信じ込んでいた。


インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリーその4続く


小さいときから、独裁者のような父に育てられたおかげで、ドラッグやアルコール中毒にならずに済んだのかもしれないですよね。
そして、マイケルキッズだって、「この子たちのようにしつけのきちんとできた子どもはみたことがない」とたくさんの人が言いますものね…

マイケル最新情報はマイケル・ジャクソンの軌跡を綴るブログ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。