スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全主義者マイケル ラトーヤ自伝第九章よりその11


bado.jpg

インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫

(前頁より)
あたしは彼女の陰険さと意地の悪さに身震いし、このことをマイケルに話した。「それはひどい。ジャネットはどうしてそういうふうにふるまうのかね」とマイケルは傷つけられ、とまどっている様子だった。


第九章その11

でもそれが彼女だった。非常に競争意識が激しかった。ジャネットは同じレコード会社の他の女性アーティストたちから、その地位をおびやかされていたので、実力のあるビジネス仲間に、よく不平を言っていた。


誰かのレコードがヒット・チャートにのり、ラジオで放送されたけど、それが気に入らないというのである。あたしはこれを聞いて、ジャネットがあたしに対してもそういう気持ちを持ってくれなければいいがな、と思った。


1987年にマイケルの〈バッド〉が発売されると、1500万枚という驚くべき売り上げに達した。それは、5つのナンバー・ワン・シングル(〈バッド〉、〈ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール〉、〈ダーティ・ダイアナ〉、〈アイ・ジャスト・キャント・ストップ・ラビング・ユー〉そして、〈マン・イン・ザ・ミラー〉)を送り出す最初のアルバムになった。


〈バッド〉は音楽的にも歌詞の点からも、〈スリラー〉と同様に申し分なく完成されており、どこからみても成功していた。しかし、マイケル・ジャクソンはそう思っていなかった。


彼は、このアルバムの成績にかなり失望していた。特に、グラミー賞を受賞できなかったことで打撃を受けていた。弟はほとんど不可能に近い目標を設定し、自分の目では失敗したとみたのだ。


しかし、マイケルは失敗を認めない人間である。次のLPのために、疲労の極限まで頑張り抜き、さらに良い曲を書き、確信を持って送り出せるように努力している。


いつの日か、誰かが〈スリラー〉を超すであろう。それはマイケルだ、とあたしは思っている。


その秋、日本でバッド・ワールド・ツアー〈105回のショー〉を開始する予定であった。出発前、マイケルはいくつかのビデオを仕上げなければならなかった。それは困難な離れ業であり、かつ、マイケルは細部に至るまで他人任せを嫌がったので、面倒なことになった。


期日までにすべてを完全に仕上げようとして、マイケルはビデオセットの間を行ったり来たりして、目の回るような忙しさだった。


マイケルがゲスト・デュエットとして、ポール・マッカートニーと歌った〈セイ・セイ・セイ〉の中で、あたしはダンスホールの娘を演じて以来、マイケルはあたしに対しいくつかのビデオへの出演を望んだ。


たとえばマイケルは、〈ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール〉のビデオのシーンをこう説明してくれた。「それでは、ラトーヤ、ぼくは若者で、君が娘役だ。最初、他の若者がきみを追いかけ、互いにきみのハートを奪おうと争っている。しかし、ぼくは全く関心がない。結局、ぼくがきみのハートを射止めることになる、という具合だ」


「素晴らしいわ。面白そうね」
あたしたちふたりに関する限り、単に役を演じているにすぎない。しかしフランコ・ディレオや何人かの他のアドバイザーたちは、マイケルにこう指摘した。


〈ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール〉は明らかに性的な含みがあり、かつあたしはマイケルの姉であり、従って、人々が何か読みとるかもしれない、と。
---------------
人々は何を想像したでしょうね?(^-^)その先は・・・でしょうか。
-------------

ラトーヤ自伝第9章その12へ続く

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪

スポンサーサイト

マーロンブランド助言ラトーヤ自伝第九章よりその10

morlon brando2


インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫

(前頁より)
弟は泣き続けていた。そのあと、彼は車で外に行って考えてくる、と言いながら出ていった。


第九章その10

彼は友人のマーロン・ブランドの家に行き、二人で話し合った。マーロンは、こう助言した。


「こりゃ、驚いた、マイケル。ラトーヤは姉さんじゃないか。彼女はいつまでも君の姉さんだよ。教団の人たちがそういうやり方をするなら、君はその会員である必要がないよ。君はいつだって他の宗教に入ることができるけれど、姉さんは得られないからね」



マイケルは長老たちの命令に従わないことにし、以後、集会には行かなくなった。一体どういうことが本当に起きたのか、今日にいたるまで、あたしは、マイケルと話し合ったことがない、しかし、その後マイケルが正式な手順を通じて教団との絆を断ったことは知っている。


この苦痛に満ちたできごとに、あたしはもっと辛い思いを重ねてみる。そのまま信仰を続けていれば、マイケルは“生き残り”の1人、つまり次の世でも地球に生き残ることのできる選ばれた14万4000人の1人になっていたかもしれないのだ。


そんな思いを長年の間抱き続け、あたしは辛い気持ちになるのだ。


この危機は、この時期に弟が直面した多くの問題のひとつにすぎない。マイケルは1985年から1987年半ばまで、公衆の目から姿を消していたかもしれないが、この間、彼は前よりずっと忙しかったのだ。


マイケルは公衆の面前で仕事をしていなくとも、信仰という重要な仕事をしていた。信仰の時間も貴重な贈り物であり、マイケルはいっときも無駄にしていないのである。


この期間中、マイケルはほとんど書くことに時間を充てていた。ひとつは、彼の自伝である「ムーン・ウォーク」で、完成までに5年近くかかった。


もうひとつは、〈スリラー〉のあとの作品〈バッド〉の作曲である。マイケルは36曲書いてレコーディングし、その中の9曲を選び、彼の作曲家による2曲も入れてアルバムを作った。


読者の方は推測されたと思うが、マイケルは完全主義者で、自分自身に対して多くのものを要求する。史上最高のLP売り上げを成し遂げたあと、それよりもさらにすぐれたものができることを予想したアーティストがいったい何人いただろうか。

morln brando


しかし、マイケルはできると本気で信じていたのである。


ジャクソン・ファミリーの中で、〈スリラー〉を上回る曲を出そうと思ったのはマイケル一人だけではなかった。ジャネットは離婚後、どんなに時間、労力を費やすものであっても、ヒットを出そうと決心した。


妹はビジネスの電話をスピーカーホンでやる癖があり、あまりに大声で話すので、静かにするように、あたしはしばしば廊下を渡って文句を言いに行かなければならなかった。


彼女の3番目のアルバムが発表される直前、彼女が一緒に仕事をした人に、マイケルより有名になり、自分の新しいレコードの売り上げは〈スリラー〉を超える、と話しているのを耳にした。


あたしは彼女の陰険さと意地の悪さに身震いし、このことをマイケルに話した。「それはひどい。ジャネットはどうしてそういうふうにふるまうのかね」とマイケルは傷つけられ、とまどっている様子だった。
---------------
兄弟でもライバルっていいと思うんだけどな~スクリームだって一緒にやったんだしね(^-^)
-------------

マイケルの自伝はコチラ⇒ムーンウォーク マイケル・ジャクソン自伝


ラトーヤ自伝第九章その11へ続く

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪

エホバの脅しラトーヤ自伝第九章よりその9

imagesCA3UN8O7.jpg


インサイド・ザ・ジャクソン・ファミリー
(1991年9月10日)
原題「LA Toya: Growing Up in the Jackson Family」
著者 ラトーヤ・ジャクソン 訳 高橋伯夫

(前頁より)
ある日、あたしがジャネットの部屋に入っていくと、マイケルが目を泣きはらしていた。


第九章その9

どうしたのか、と尋ねると、いきなり飛び上がってバスルームに駆け込み、ドアを閉めてしまった。声を押さえながら泣いている声が聞こえたので、あたしは妹の方を振り返った。


「ジャン、マイクどうしたの?なぜああいう泣き方をしているの?」最初は、誰かが重病になったか、亡くなったかしたのかと思った。


「あたしからは言えないわ、ラトーヤ」と妹は答えた。マイケルがバスルームから出てきた。理由を説明してくれるように、何度かマイケルに頼んだ末、やっと彼は口を割った。


「オーケー、言うよ」彼は深呼吸したあと、悲しげにあたしを見た。

「ラトーヤ、実は…」そのあと彼は一気に言った。「もう、2度と姉さんと話すことはできないんだ!」
「それは、どういうこと?」


「エホバの証人の長老たちが大きな会議を開き、姉さんと絶対に話してはいけないと言った。姉さんが王国会館に来なくなったからだ。長老たちは、このことについて、ぼくにどうするつもりかと尋ねた。ぼくは“それが、ラトーヤなのです。それが彼女の生き方なのです”と答えた。しかし、もしぼくが君と話すのをやめないなら、教団から追い出す、と長老たちは言ったんだ。そしてこの決断をしなければならないとまで言った」


あたしはかんかんになった。「集会に行かないのはこのあたしなのに。どうして長老たちはあたしのところに来なかったのかしら。彼らが、あなたに対してこう言うことをいうのは間違ってるわ。あなたがとばっちりを受けて、本当にごめんなさい」


弟は泣き続けていた。そのあと、彼は車で外に行って考えてくる、と言いながら出ていった。

---------------
特定の誰かと話すのを禁じたり、何かをしてはいけないっていう宗教って…なんかちょっとおかしい。ラトーヤそりゃ怒りますよね。
結局エホバの証人さんたちの妬みと意地悪心でしょうかね。

-------------

ラトーヤ自伝第九章その10へ続く

その他の海外芸能人←最新情報はコチラ♪


最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール
マイケルとフレディ・マーキュリーを こよなく愛すオバさんです(^-^)
そしてタケウチのパンが大好きな私、 そんなワタシの最強の愛読書がこれ
ブランジュリ タケウチレシピレビュー

ラトーヤファン

Author:ラトーヤファン
FC2ブログへようこそ!

リンク
ぶろぐ村
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ダイナミックアド楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。